女性

うつ病は薬で治る|明るい自分を取り戻そう

セロトニンがポイント

悩む男性

セロトニンを抑える

うつ病の薬の中には、セロトニンの呼ばれる脳内の神経伝達物質の活動を抑えるものがあります。具体的にはセロトニンの取り込みを防いで、ドーパミンを働きやすくします。ドーパミンも神経伝達物質の一つですが、これが正常に働くと感情が生き生きとして、いろいろなことを意欲的にできるようになります。ただし、ドーパミンが過剰になると妄想や興奮状態といった困った症状が出ることがあります。うつ病の治療に使われる薬は、このセロトニンとドーパミンの働きのバランスを正常にする力があります。セロトニンの取り込みを防ぐと同時に、ドーパミンが働きすぎるのを阻止します。うつ病に使われる薬には純粋な抗うつ剤もありますが、抗うつ剤の中には副作用が強いものがあるので、上記のセロトニンとドーパミンの取り込みを抑える薬がうつ病に使われることがあります。またはうつ病の薬の中で比較的効果が穏やかなものと一緒に併用して使われることがあります。セロトニンとドーパミンの両方を抑える薬は副作用が少ないことが知られています。

長期間使えるのがメリット

うつ病の治療に使われるセロトニンとドーパミンを抑える薬は長期間使えるのがメリットです。深刻な副作用がなくて、副作用が出にくいので長く使えます。うつ病の治療には時間がかかるので、できるだけ長く服用できる薬を使った方が体にプラスになります。セロトニンとドーパミンを抑える薬は症状に応じて、量を調節できます。症状が重いときは多めに飲むことができますが、良くなってきたら減らすことができます。ただし1日に服用できる量は決まっているので、それ以上取ることはできません。セロトニンとドーパミンを抑える薬にも多少の副作用はあります。比較的多いのは手足のこわばりや体重の増加です。これらの副作用が出てきたら、医師に相談して服用する量を減らすことができます。うつ病の症状がある程度良くなっていたら、量を減らした場合でもうつ病が悪化することはありません。また比較的効果が穏やかな抗うつ剤に治療薬を変える方法もあります。セロトニンとドーパミンの両方を抑える薬は量を減らしても、良い状態を維持できます。